「壁ドン」の聖地「神奈川県立光陽台高」は新潟にあった 福士蒼汰と有村架純が通学

 さんさんと照りつける太陽とコバルトブルーの空の下で自由奔放に駆けめぐり、ときには胸が締め付けられるような、ほろ苦さに悩み苦しむ-。そんな甘く切ない若者たちの青春を描いたのが、平成27年に公開されて大ヒットした映画「ストロボ・エッジ」(広木隆一監督)だ。

 今や押しも押されもせぬ人気俳優となった主演の福士蒼汰さんと有村架純さんが劇中で通うのは、架空の「神奈川県立光陽台高校」。ところが、ロケ地には新潟県新発田市の県立新発田高が選ばれた。明治29(1896)年の創立から120年余の歴史を持つ伝統校で、平成21年に3代目の現校舎が完成。校舎内は開放感あふれる吹き抜け式で1階のホールと2階を結ぶ大きな階段が印象的だ。

 撮影に協力した県フィルムコミッション協議会の田中克典氏(61)によると、制作会社から学校選びを要請され、旧二葉中(新潟市中央区)の校舎や長岡造形大(長岡市)のキャンパスも候補に挙げた。ただ「広木監督が吹き抜けを気に入り、新発田高に決まった」(田中氏)という。このほか、新潟市の「どっぺり坂」や花火が打ち上がる長岡市、大型の風力発電機が立ち並ぶ胎内市の海岸など県内各地がロケ地に選ばれた。

 26年8月に行われた撮影当時、学年主任だった教務主任の渡辺秀志(しゅうし)教諭(49)は、自分が教鞭(きょうべん)を執る学校が舞台になると聞き、最初は「普通の学校なのに?と、ピンとこなかった」と振り返る。しかし、撮影が始まると、裏方のスタッフたちが飾り付けを施し、出演者たちが気持ちよく過ごせる空間に校舎が作り替えられていく様子に目を見張ったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ