高畑淳子、リポーターの質問に大笑いの名演技 「生活費の事情もあるだろうが…」対応たたえる演劇関係者

 【芸能ニュース舞台裏】

 女優の高畑淳子(62)が先週、主演舞台の製作発表に出席した。

 息子で俳優の高畑裕太(23)の逮捕(不起訴処分)から1年。当然、取材陣はそこに切り込むが、「高畑さんが一芝居打った。あれはお見事。名演技です」と関係者も破顔する会見。

 演劇サイト記者が伝える。「きっかけは男性リポーター。その質問を受けて女性リポーターが、子供の反抗期について切り出すと、その口をふさいだんです。とっさの行動で、みんな大笑い。失笑でも嘲笑でもなく、心底の笑い。降壇間際もそのリポーターに謝っていましたが、一本取られたという感じですね」

 結果的に息子関連の質問は、それでおしまい。メディアはすっかり気勢をそがれた形だ。

 同じことを、男性が女性リポーターにやったら、セクハラ騒動に発展しそうだが、ベテラン芸能記者はこう話す。

 「昔、勝新太郎が会見で、痛みのある場所を質問する女性記者に、その場所を示すために女性記者の胸の上を、黙って指で直接触ったことがあったんです。誰もが許されるわけではありませんが、何でも許される大物が芸能界にはいてほしいものですね」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ