福地桃子、父・哀川翔との意外な共通点明かす「パクチー嫌いです」

 俳優、哀川翔(56)と次女の女優、福地桃子(19)が30日、東京都内で行われた仏映画「あしたは最高のはじまり」(9月9日公開)のトーク付き試写会に出席した。

 父と娘の愛と絆を描いた感動ストーリーにちなんで登場した2人は、映画のイベントとしてはこの日が初共演で、桃子は「きょうイベントなので朝、親子丼を食べてきました」とにっこり。

 自宅での父・哀川の様子については「植物に水あげたり優しい。最近は4つ葉のクローバーを楽しそうに育ててました」と明かすと、哀川は「幸せの4つ葉のクローバーの種をまいたらちゃんと芽が出たけど、全部3つ葉で。それがいちばん驚いた」と笑わせた。

 また、桃子が4つ葉のクローバーの模様が入ったネクタイをサプライズでプレゼントすると哀川は「オレ、そこまで4つ葉のクローバー好きじゃないんだけど」と照れまくった。

 10月に20歳の誕生日を迎える桃子はやりたいことを聞かれると「パクチーを克服して食べられるようにしたい。大人の憧れの女性はパクチーサラダを食べているイメージなので。父もパクチー嫌いです」と親子の意外な共通点を明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ