ウエンツ瑛士、英語力を暴露され苦笑「こんなにできへんとは」

 タレント、ウエンツ瑛士(31)が2日、東京都内で行われた出演映画「禅と骨」(中村高寛監督)の初日舞台あいさつに登壇した。

 横浜出身の日系アメリカ人で京都・天龍寺の禅僧だった故ヘンリ・ミトワ氏の半生を描いた作品。ミトワ氏の青年時代を演じ、「(奔放な言動で)ぶっ飛んだ人でしたが、監督に若い頃の映像を見させて頂き、そのときに感じた気持ちを大事に演じました」と説明。

 兄役で豪州出身の芸人、チャド・マレーン(37)から「こんなにウエンツさんが英語ができへんとは」と暴露され苦笑する一方で、チャドから「撮影の合間に英語のセリフを一生懸命に練習されていて、すごく好青年。好きになりました」と絶賛されると満面の笑みを浮かべていた。

 ほかに女優の余貴美子(61)、俳優の佐野史郎(62)も出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ