吉高由里子「狂気的なお尻でした」 松山ケンイチの主張に便乗

 女優、吉高由里子(29)が3日、東京都内で行われた主演映画「ユリゴコロ」(熊澤尚人監督、23日公開)の完成披露試写会に出席した。

 殺人者の告白文がつづられたノートをもとに、現在と過去が交錯するミステリー。吉高と一緒にに裸になるシーンがあった松山ケンイチ(32)は「どこから撮られてもいいように準備万端でいった。でも完成したものを見たら、巧妙にお尻が隠れていた。ファンデーションまで塗ったのに」と肩すかし。

 理由は同作がPG12のレイティング(年齢制限)がかかっているためだが、松山は「(作品全体に)もっと狂気的なものが出ているのに…。ワイのお尻、それを超えちゃった」と笑わせ、吉高も「狂気的なお尻でした。見たこともない凶暴さの…」と便乗していた。

 松坂桃李(28)、佐津川愛美(29)、清野菜名(22)、木村多江(46)、清原果耶(15)も登壇した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ