吉高由里子、ラブシーンでの松山ケンイチは「狂気的お尻でした」

 女優、吉高由里子(29)が3日、東京都内で行われた主演映画「ユリゴコロ」(熊澤尚人監督、23日公開)の完成披露試写会に出席した。

 吉高とのラブシーンで裸になった松山ケンイチ(32)は「どこから撮られてもいいように準備万端でいったのに完成したものを見たら、お尻が隠れていた。ファンデーションまで塗ったのに」と肩すかしを食らったことを告白。

 同作にPG12(12歳未満は保護者の同伴などが必要)の年齢制限があるためだが、松山は「(作品全体には)もっと狂気的なものが出ているのに…」と不満げ。吉高は「狂気的なお尻でした」と便乗して笑わせた。松坂桃李(28)も登壇した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ