橋本マナミ、愛人キャラも本音はママ志望「でも相手がまだ見つかっていない」

 免許ないけど、もらっちゃった-。モデルでタレントの藤田ニコル(19)が車の似合う有名人に贈られる第3回「日本ベスト・カー・フレンド賞」(日本マイスター検定協会主催)に選ばれ7日、同時受賞した女優の橋本マナミ(33)、タレントの武井壮(44)とともに、東京都内で開かれた授賞式に出席した。

 審査員のタレント、テリー伊藤(67)によると、藤田の授賞理由はファッションセンスがあり「カラフルな車が似合いそうだから」。藤田は「車の免許を持っていないのにびっくりしましたが、うれしい。22歳までに免許を取って、大好きな色の黄色い車に乗りたい」と声を弾ませた。

 ただ、「勉強ができないので…」と不安そうになったが、「おかあさんも持っているので大丈夫かな」と気を取り直し、「合宿で一気に取りたい」と意欲を見せた。過去2回を含めた受賞者10人の中で、免許を持っていない人が選ばれた第1号となった。

 愛人キャラ・橋本の選考理由は、テリーによると意外にも「将来、子供が車で学校に迎えに来てほしいママNO・1になりそうだから」。橋本は普段、レンタカーを運転したり男性の車の助手席に乗せてもらうことはあるそうだが、この選考理由には笑顔満開。「本音はママになりたいので、うれしい。でも、相手がまだ見つかっていない」と苦笑いを浮かべた。

 またスーパーカーマニアで知られる武井は、「所有するランボルギーニを女性に例えると誰?」と聞かれ、「(米女優の)ミラ・ジョボヴィッチ!」と返答。ミラといえば映画「バイオハザード」シリーズの女戦士役で有名とあって「戦闘能力もあるし美しいのでピッタリ」と話していた。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ