妻夫木聡、作品に対するポリシーは「決めたことは絶対にやりきることが大事」

 俳優、妻夫木聡(36)が7日、東京・江古田の日大芸術学部で行われた主演映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(16日公開)の試写会付き公開授業に出席した。

 映画や雑誌制作をテーマとしたティーチインで約200人の学生が参加。作品に対するポリシーについて聞かれた妻夫木は「決めたことは絶対にやりきることが大事。何にでも手を出して何でもうまくいくって大間違い」と訴えた。

 また、学生から夢について質問されると「最近、海外の映画祭や海外の人たちと会う機会が増えましたが、韓国や中国は自分の国だけでなく世界に向けて映画を作っている。日本もそういう人たちと一緒に作品を作ったり、そういうものが自分がきっかけでできれば」と新境地開拓に意欲を見せた。

 また、しめくくりのあいさつでは「ぼくは大学行ってないけど、いつか自分の時間ができたら大学に行きたい。それが夢です。皆さんも日芸にいるってことを誇りにして自信持って進んでほしい」と呼びかけた。

 ティーチインには大根仁監督(48)も出席し、「高校時代は“日芸に行きたいボーイ”でしたが、入れなかった。日芸には憧れと嫉妬があります」と笑わせた。原作の渋谷直角氏(42)も出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ