清野菜名、精神障害を抱える風俗嬢役「台本をもらってすぐ、頭の中で生き始めた」

 マルチタレント、リリー・フランキー(53)が7日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた主演映画「パーフェクト・レボリューション」(松本准平監督、29日公開)の完成披露試写会に、ヒロインの清野菜名(22)や企画・原案の熊篠慶彦氏(47)らと登壇した。

 実話を基に、それぞれ体と精神に障害を抱えた男女(リリーと清野)のハチャメチャな愛と性を描く。リリーは「おバカで面白いと思っていただければ」と熱く語った。清野も「監督から台本をもらってすぐ、頭の中で(ヒロインが)生き始めた」と告白。精神障害を抱える風俗嬢の役にすぐ入り込めたようだ。

 リリーによると、熊篠氏とは10年ほど前、「エッチなイベントで知り合った」。それ以来、共感し合う仲とあって、脳性マヒで車いす生活を送りながらも、障害者の性に対する誤解を解くために活動する熊篠氏になりきって演じた。熊篠氏からも「完全に脳性マヒのおっさんになってましたよ」とお墨付きをもらい笑みがこぼれた。

 リリーを介護する役を演じた小池栄子(36)は「愛ってすばらしいなと思える作品です」と胸を張った。劇中歌は、放送中のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインの叔父を演じる銀杏BOYZの峯田和伸(39)の歌う「BABY BABY」。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ