坂上忍、結婚するときは「“バイキング”の最後のまとめでポロッと言います」

 俳優、坂上忍(50)が7日、東京・渋谷の東急シアターオーブで、8日に同所で開幕する日本初上陸のブロードウェーミュージカル「ファインディング・ネバーランド」(24日まで)の公開ゲネプロを観賞した。

 同作は、米俳優、ジョニー・デップ(54)主演で米アカデミー賞7部門にノミネートされた同名映画のミュージカル盤。世界的名作「ピーターパン」の作者、ジェームス・マシュー・バリーが未亡人と4人の子供たちとの出会いを通じて同作を書き上げ、舞台で上演するまでを描いた感動実話だ。

 この日は、来日中のキャスト陣が劇中歌「Stronger」を披露。大迫力の歌声に、同公演の応援サポーターを務める坂上は「1月に見た米公演を思い出して、泣きそうになった」と感激。最近はタレント活動が主になっていることを自ら切り出し「劇場に入ると空気が違うし、出たいし(舞台を)つくりたいなって思っちゃいますね。舞台がうらやましい」と興奮気味だ。

 また、相次いでいる芸能界&政界の不倫問題には「僕と同じくらいの年の人たちでしょ? 元気ですね」と苦笑。自身の不倫を聞かれると「まず結婚をがんばらないと。僕はいつでも(結婚しても)いいって感じ」と、交際中の一般女性(36)との電撃婚に自ら触れた。

 一貫して「50歳になったら考える」と話していた坂上。改めてそのことを問いつめられると「よく付き合ってくれていると思いますよ。感謝しているし、お返ししなきゃいけない」。時期は明言しなかったものの「その時は“バイキング”の最後のまとめでポロッと言います」と話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ