aiko、骨折したままツアー完走…岡村隆史「ジャッキー・チェンと一緒やで」

 シンガー・ソングライターのaiko(41)が8日、ニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(金曜前1・0)に出演。左足を骨折した状態でライブツアーを行っていたことについて、詳細を語った。

 パーソナリティのナインティナイン・岡村隆史(47)が「今日も、ライブあって。それで足、あれやろ? 骨折してんのやろ?」と、7日に行われたaikoのライブツアー「Love Like Rock vol.8」最終公演について話を振った。aikoは「そうなんです、折れたんです」と切り出すと、8月12日に行われた新潟でのライブ中に転倒し骨折したが、スタッフ以外誰にもバレずにツアーを回っていたことを説明。「今日の(ツアーの)最後のいちばん最後に言ったんですよ。『骨折してん』『ええーっ!』って。ビックリしてましたね」と、ファンの反応を語った。

 「骨折したら脂汗とか出てきへんの?」と岡村に聞かれたaikoは「それがもう私、(骨折が)初めてやったんで、ちょっと重たい捻挫やって思って。捻挫や! 捻挫や!って。終わった後も『捻挫やから病院行かへんで!』って言ったんやけど、明日もライブあるから救急で病院行ったら『折れてますね』って言われて…。折れてましたぁ(笑)」と経緯を語り、現在も普段はギプスをしていることを明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ