第74回ベネチア国際映画祭、デル・トロ監督作「シェイプ・オブ・ウオーター」が最高賞

 イタリアで開催されていた世界三大映画祭の一つ、第74回ベネチア国際映画祭の授賞式が9日夜(日本時間10日未明)開かれ、最高賞の金獅子賞にメキシコ出身のギレルモ・デル・トロ監督の米国映画「シェイプ・オブ・ウオーター」が選ばれた。是枝裕和監督の「三度目の殺人」は受賞を逃した。

 「シェイプ-」は、米国政府の極秘機関に捕らえられた半魚人と、機関の女性清掃員の恋を描いたダークファンタジー。

 閉幕上映は、北野武監督の「アウトレイジ 最終章」が飾った。

 コンペ部門の、その他の主な受賞は次の通り(敬称略)。

 銀獅子賞(審査員大賞)=「フォックストロット」(サミュエル・マオス監督)▽銀獅子賞(監督賞)=グザビエ・ルグラン監督(「親権」)▽女優賞=シャーロット・ランプリング(「アンナ」)▽男優賞=カメル・エル・バシャ(「インサルト」)▽脚本賞=「三つのビルボード」(マーティン・マクドナー)▽審査員特別賞=「スイートカントリー」(ワーウィック・ソーントン監督)▽新人俳優賞=チャーリー・プラマー(「リーン・オン・ピート」)

(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ