この美青年は“何者!?”主演は阿部顕嵐、直木賞作品が初の舞台化

 ジャニーズJr.の阿部顕嵐(あらん、20)が、「何者」(東京・天王洲銀河劇場、11月25日~12月10日)で舞台単独初主演することが9日、分かった。作家、朝井リョウ氏(28)の直木賞受賞作の初舞台化で、就職活動に励む大学生5人の群像劇。明治学院大2年の阿部は周囲を冷静に見る分析家の主人公を演じ、「就活生としての心の不安などを共感してもらえるように演じたい」と現役大学生ならではのリアルな演技を誓った。

 “何者!?”と興味が沸くジャニーズJr.のホープが話題作の座長に大抜てきされた。

 「何者」は、朝井氏が2013年に当時23歳の戦後最年少で直木賞を受賞した同名小説が原作。就活で情報交換する大学生5人の群像劇で、表向きは励まし合っているが、実は虚勢を張っており、企業から内定をもらった“裏切り者”が現れると、嫉妬などの本音をむき出しにしていく。

 昨年10月には映画版が公開され、佐藤健(28)、有村架純(24)、二階堂ふみ(22)、菅田将暉(24)、岡田将生(28)の豪華キャストが共演して話題を呼んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ