斉藤由貴、医師との不倫は「もう終わりにしました」 夫には「ありのままを話し謝罪」

 女優、斉藤由貴(51)が11日、FAXでコメントを発表。W不倫疑惑を8月に報じられた妻子ある50代主治医との関係について、「女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました。でも、もう、終わりにしました」と関係を認め、解消したことを明かした。

 「今回のことは全て私の責任です」と前置きしたうえで、先月3日の会見では「本当のことをお話しできず、誠に申し訳ありませんでした」と真実を語らなかったことを謝罪。「先方のご家族には、今更謝罪する資格もありませんが、心よりお詫びいたします」とつづった。

 夫との現在の関係については「先日、ありのままを話し、謝罪しました」と報告。夫からは「今は子供たちのことを第一に考えよう。お互い努力し直そう」といわれたといい、「この先のことは、今後もよく話し合っていけたらと願っています」と関係修復に向け、話し合っていることを明かした。

 「今後お仕事で派生するペナルティーは、覚悟してお受けいたします」とし、「斉藤にやらせようと、せっかく依頼して下さったのに、本当に申し訳ありませんでした」と関係各所にお詫びした。

 相手男性は同日、日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜前8・0)にVTR出演。斉藤との不倫関係を認めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ