高橋真麻、斉藤由貴とのW不倫認めた医師に不快感「矛盾してる」

 フリーアナウンサー、高橋真麻(35)が11日、日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜前8・0)に生出演。女優、斉藤由貴(51)とのW不倫疑惑について同番組の独占インタビューに応じ、関係を認めた妻子ある50代主治医について、不快感を示した。

 インタビューで医師は、疑惑が発覚後初めて不倫関係を認める発言。その上で、「僕が謝るべき対象は、僕の大事な家族にだけです」としながら、「今でも僕は斉藤由貴さんを守ってあげたい。ただ、今の僕にはもうそれはできません」と発言していた。

 真麻は「こういうインタビューに答えてくださったのはありがたい」と感謝を示しつつも、「謝るのは僕の家族だけ」と主張したことに「納得がいかない」とバッサリ。「由貴さんのご家族にも迷惑をかけているし、ドラマなどのお仕事にも迷惑をかけている」とした上で、「由貴さん守りたいと言っているのに、僕が謝るのは家族だけって、矛盾してる」と終始、ムッとした表情で不快感をあらわにした。

 また、インタビュー全体を通しての医師の印象について、「言葉のチョイスとか、聞いたことに対する返答の仕方が、なんかこう、のらりくらりとしていて、あんまりいいイメージはないな」と口にし、「せっかくこうやって全部話す、謝る気があるんだったら、もっと潔く認めて、それで『申し訳なかった』と言っちゃったほうが良かったんじゃないかな。これだとあんまり、みんな納得しないっていうか…。彼自身も家族以外に謝る気はないって言ってますけど」と、最後まで納得のいかない様子だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ