太賀「不在着信が『蒼井優』になるようにしていました」 青春時代の憧れ

 俳優、太賀(24)が12日、東京・新宿武蔵野館で行われた主演映画「ポンチョに夜明けの風はらませて」(廣原暁監督、10月28日公開)の完成披露試写会に出席した。

 高校生のハチャメチャな青春を描いたロードムービー。将来に希望を見いだせない高校生を演じた太賀は、自身の青春時代を聞かれると「蒼井優さんに憧れていましたね。不在着信が『蒼井優』になるようにしていました」と照れ笑い。

 また、高校時代は友達と映画を撮っていたといい、「その相手が染谷将太君でした。同じ高校でした。この映画でも共演しているので不思議な縁です」と明かした。

 また、共演の俳優、中村蒼(26)が「高校のとき転校したので友達もいなかった」と漏らすと、同じく共演の俳優、矢本悠馬(27)は「ぼくは硬式テニスをやっていてレギュラーに入りました。もてました。友達も多かった」とドヤ顔を見せ笑わせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ