紅白司会は一体誰に? 本命・有村架純、対抗・高畑充希、大穴は菅野美穂

 今年も残り3カ月。大みそかのNHK紅白歌合戦が、何かと話題に上がる季節がやってきた。注目の司会は、紅組は連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインを演じた有村架純(24)が2年連続で当確となりそうだ。

 昨年は、初司会ながら、白組司会の嵐の相葉雅紀(34)を、しっかりフォローしながら大役を務めあげた有村。

 「ひよっこ」は初回19・5%と大台を割るスタートを切り、中盤まで視聴率は伸び悩んだが、7月中旬以降は20%超えをキープするV字回復。半年間の平均視聴率は20・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。「結果的には視聴率でも前作の『ぺっぴんさん』を上回り、国民的なヒロインに成長した有村は、大みそかの顔としては申し分ありません。主題歌『若い広場』を歌った桑田佳祐も当確とみられており、近年恒例のワンコーナーが展開される見込みです」と音楽関係者は見通す。

 現在『土曜スタジオパーク』や『シブヤノオト』にレギュラー出演しているお笑いタレント、渡辺直美(29)の名前が一部メディアで取り沙汰されたが、「紅白の司会はタイムスケジュールが尋常でないだけに、台湾とのハーフである渡辺には実は日本語に一抹の不安がある。また司会は出演者より目立ちすぎてもいけないこともあり少し厳しいだろう」と放送関係者は指摘する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ