有村架純はM!?行定監督に「ぶさいく」と言われ「うれしかった」

 女優の有村架純(24)と俳優の坂口健太郎(26)が8日、大阪市内で映画「ナラタージュ」(行定勲監督)の大ヒット御礼舞台あいさつを行った。

 高校教師(嵐・松本潤、34)と、再会した元教え子の女子大生の恋を描く純愛物語。松本や現在の恋人役の坂口とベッドシーンを披露している有村は、行定監督に「芯が強い。がんこでしょ」と聞かれ、「がんこです」と即答した。

 「可愛い顔して、一見清純なんだけど、それを汚したかった」。そう振り返る監督から有村は撮影中、「ぶさいく」と評されていた。

 「松本君を見る、さげすんだような視線は愛が深いゆえにいらだちを隠せない顔をしていた。その顔がぶさいくで」

 理由を聞いた有村は、「褒め言葉としてうれしかった」と笑顔。

 また、「(額の左側が)少し出てて、バイクのシーンでヘルメットが入らなかった」と監督に暴露された坂口も「『いいね、ゆがんでるね』って。ゆがみを褒められることってないから新鮮で」と笑わせた。けなされて喜ぶ2人はM!?

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ