観月ありさ、美脚がのぞく黒のワンピース姿で登場「50歳になってもミニスカートをはきたい」

 女優、観月ありさ(40)が健康的な美脚を持つ女性に贈られる「第15回クラリーノ美脚大賞2017」を受賞し12日、東京都内で行われた授賞式に出席した。

 40代以上部門で選出された観月は、美脚がのぞく膝上15センチの黒のワンピース姿で登場。2007年にも30代部門で受賞しており、「またいただけて光栄。スタイル維持を頑張ってきてよかった」とニッコリ。

 20代部門を受賞した土屋太鳳(22)から「10年前とお変わりなくキレイ」と美貌を絶賛されると、照れ笑い。「私は50歳になってもミニスカートをはきたい。50歳になってもこの賞を獲れるように頑張りたい」と3度目の受賞に色気を見せた。

 10代部門は平祐奈(18)、30代部門はシャーロット・ケイト・フォックス(32)が受賞した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ