南果歩、次の手は… 週刊文春「独占告白」で渡辺謙の名前ゼロの不思議

 【芸能ニュース舞台裏】

 「夫の不倫をスクープした週刊誌で、自らの、おそらく夫の不倫が原因と思われる闘病についても激白する。その狙いがねぇ、いいなと思って」

 情報番組デスクが苦笑いで絶賛するのは、女優の南果歩(53)の「独占告白」を掲載した最新の週刊文春だ。

 乳がんのシンポジウムでの南の発言が誤解を伴い広がったことに、南が丁寧に説明するという内容だが、「乳がんに加え、精神疾患に陥ったことも明かしているんです。いかにも夫の不倫が負担になったと言わんばかりなのですが、不思議なのは、どこにも渡辺謙の名前がないんです」と前出の情報番組デスクが首をひねる。

 その心は? 関係者がニタニタしながら耳打ちする。「そういう条件で、インタビューを引き受けてもらった、というのが第一。ただ、文春ともあろう媒体が、それで終わると思いますか。うちの新谷(学編集長)はそんな甘くないですよ」

 第2弾の存在の予告だ。次週か、もう少し先か。政界ではないが、きのうの敵はきょうの友。何でもアリである。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ