いしだ壱成、2度目離婚を突然告白!純一パパから「愛」あるダメ出し

 俳優、いしだ壱成(42)が2014年に再婚した11歳下の一般女性と8月に離婚していたことが17日、分かった。18日放送のフジテレビ系「良かれと思って!」(水曜後10・0)で、バツ2になったことを突然告白。父でタレント、石田純一(63)に直接伝えたいという壱成に、番組は“良かれと思って”対面する機会を用意。離婚の詳細や2度の離婚歴がある父の言葉は放送で明らかになる。

 かつて奔放な恋愛で世間をにぎわせた2世タレントが、父と同じバツ2になっていた!

 告白の場に選んだ同番組は、MCを務めるバカリズム(41)、劇団ひとり(40)、ハライチの澤部佑(31)、メイプル超合金のカズレーザー(33)が、ゲストに“良かれと思って”愛あるダメ出しをするバラエティー。

 9月下旬に収録に臨んだ壱成は「ちょっとここで一つ発表させていただきたいことがございまして…」と切り出すと、「先日、2度目の離婚をしました」と8月に別れたと発表。仰天告白にMC4人も開いた口がふさがらなかった。

 関係者によると、壱成の“わがまま”が原因。妻へのオーダーが厳しく、歩み寄ったものの、すでに機を逃し、約3年3カ月の夫婦生活に終止符を打ったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ