広瀬アリス、『がさつ』な暴言巫女役「自分に合っていると思う」

 女優、広瀬アリス(22)が29日、東京都内で開催中の東京国際映画祭で上映された主演映画「巫女っちゃけん。」(グ・スーヨン監督、来年2月3日公開)の舞台あいさつに出席した。

 常識や礼儀がない巫女が偶然出会った悪ガキとドタバタ劇を繰り広げながら成長するコメディー。オーディションで主演をゲットしたアリスは、「ブス」「ババア」のセリフなど周囲に暴言を吐きまくる役を演じ、「自分に合っていると思う。本編を見ましたが、(自分の演技が)がさつでひどいですね」とお茶目に笑わせた。

 ともに登壇した主題歌「フェイヴァリット・ゲーム」を歌うルーマニア出身の歌手、アレクサンドラ・スタン(28)はアリスについて「ベリースウィート。カワイイ!」と絶賛していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ