松本人志、テレビのバラエティで「とんがったものを作るのは不可能に近い」

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(54)が5日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演。テレビのバラエティー番組をとりまく厳しさと、その先行きについて語った。

 「とんねるずのみなさんのおかげでした」「めちゃ×2イケてるッ!」と長年続いた同局系のバラエティー番組が終了するという報道を受け、松本は「最近『テレビ離れが』っていわれますけど、逆に言うと作り手側もテレビ離れの意識が、少し目覚めだすよね」と指摘した。

 松本は「テレビでちょっと攻める企画は、今ほぼできない」とし、その要因として「お金もかかるし、時間もかかるし、体力もいるし」という問題や、「すごくコアなファンは『面白かったです』っていうてくれんねんけど、たいていそういうっときって視聴率が悪いんですよ。コアすぎて」とテレビ局の命題でもある視聴率を上げなければいけない点を挙げた。

 さらに「クレームのリスクも高いでしょ。これだけの条件がありながら、とんがったものを作るっていうのは、ほぼ不可能に近いよ」と製作者としての苦悩を吐露。「僕は(テレビも、それ以外の媒体も)どっちもやっていきたいと思うんですが、テレビでバラエティーっていうのは、今後どんどん難しくなるっていうのは、ほぼ間違いないでしょうね」と見通しを語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ