波田陽区さん「すぐ飽きられる」恐怖 月収2800万円から“完全に消えた人”へ

【夢を追う】

 着流し姿でギターを構え、芸能人らをネタにいじり倒し、最後は「残念!」と斬る。「ギター侍」と呼ばれるお笑い芸人、波田陽区(はた・ようく)さん(42)は今、福岡を拠点に活躍する。「人生はラッキーの連続」と話す波田さん。「一発屋」の芸人として胸を張り、いつも笑顔を絶やさない。

 《平成16年3月。東京・汐留の日本テレビのスタジオで、300人の観客を沸かせた。ギター侍がブレイクした瞬間だった》

 あの瞬間が、自分の人生のピークでしたね。

 お笑い番組「エンタの神様」の収録に初めて参加しました。アイドルグループ「モーニング娘。」の保田圭さんをいじったんです。

 僕は29歳でした。芸人として芽は出ず、おやじからは「30歳になったら、やめないか」と言われる始末でした。

 でも、「エンタの神様」が始まった。若手芸人を前面に出す番組でした。僕が所属するワタナベエンターテインメント(ナベプロ)でも、芸人全員が出演の機会をつかもうと、ネタのビデオを番組に送りました。

 それが、引っかかったんです。

 《ギター侍は、当初意図していたものとは違った》

 収録では、10台以上のカメラを前に緊張しました。

次ページ「でもアンタ、△△ですから! 残念!」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ