w-inds.アジアを代表するグループに 通算9度目の香港公演開催 芸能ショナイ業務話

 デビューから17年目を迎えた男性3人組ユニット、w-inds.の進化が止まらない。

 甘いマスクとアグレッシブなダンスで国内外で活躍する3人。近年はロックやヒップホップ、R&Bなど海外の最先端の音楽を取り入れたり、自ら楽曲制作を行うなど、ダンスボーカルグループの枠を超えた音楽とパフォーマンスで見るものを魅了し、個々の活動も精力的に行っている。

 今月11日には1年ぶり通算9度目の香港公演を開催。超満員の約3000人を前にヒット曲「Feel The Fate」や、ボーカルの橘慶太プロデュースの新曲「Time Has Gone」など、計23曲を緩急交えて披露。慶太は「新しい音楽をやるのが面白い。どのジャンルのサウンドを取り込んでも、僕たち3人がパフォーマンスをすれば、w-inds.になるのが強み。臨機応変にいろんな楽曲をファンに届けていきたい」と力を込めた。

 彼らの成長ぶりを裏付けるのがファンの存在。香港のライブ会場には若い女性はもちろん、音楽好きや男性ファンの姿も目立つようになり、アジアを代表するグループとして勢いを増してきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ