女子プロレスラーの世羅りさが舞台初ヒロイン「大谷翔平投手のように二刀流で大成したい」

 女子プロレスラーで女優、世羅(せら)りさ(26)が、24日に東京・新宿区のシアター風姿花伝で開幕する「シックハウスファミリー」で舞台初ヒロインを務めることが決まり、サンケイスポーツの取材に応じた。

 プロレスデビューした5年前から女優活動もしており、喜怒哀楽のメリハリの利いた表情やキレのある動きで徐々に実力を発揮。今回は母の命日に、久々に集まったワケあり家族の確執と再生を描く物語で、世羅は兄弟姉妹の長女で子持ちのダンサーを演じる。

 「プロレスは新しい技を覚えるのが快感ですが、女優はさまざまな役柄を演じられるのが楽しい。今回は夫と修羅場になる。人間関係がぎくしゃくすると、くしゃみがとまらなくなる役でもあります」と説明。「投打二刀流の(プロ野球日本ハム)大谷翔平投手のように、私もプロレスと女優の二刀流で大成したい」と瞳を輝かせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ