三浦春馬、破局報道に触れずも「どのプライベートの瞬間も色濃く残っている」

 俳優、三浦春馬(27)が27日、東京都内で行われた「伊藤園 旬の抹茶“口切り”PRイベント」に参加した。

 伊藤園の「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」のCMキャラクターを務める三浦は、自ら茶葉をひいた抹茶を飲み、「味わいが深くてぜいたくな気分です」とウットリ。イベントのタイトルにからめ、自身の旬なことについては、「そばを食べること」と明かし、「先輩の俳優さんがおそば通で、彼の行きつけのお店を教えていただき、現場の合間や休日にまわることが流行ですね」と笑った。

 一方、14日発売の女性誌で報じられたダンサー、菅原小春(25)との破局について、触れることはなかったが、「今年はどの作品も、どのプライベートの瞬間も、色濃く残っている」と告白。8年間の付き合いというマネジャーと今年、初めて2人で旅行に行ったとした上で、「2人きりで今後の仕事の話、プライベートの話をして、普段話せないような話を正面から話せた」と明かした。

 菅原は、今月23日のイベントで、「破局報道が出てますが?」と報道陣から質問されると、手に持っていたタンバリンを振って笑顔で踊りながら無言で立ち去り、否定も肯定もしなかった。

 三浦は来年の抱負を、漢字一字で「練」と表現。「今年も多くのことを学ばせていただいた。来年も引き続き、今年触れさせていただいたものを練習し、練っていければ」と気を引き締めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ