最高顧問のビートたけし「今回は面白いのが先行してあっという間だった」

 17日に放送されるフジテレビ系「Cygames THE MANZAI 2017 プレミアマスターズ」(後7・0)について、最高顧問を務めるビートたけし(70)が12日、コメントした。

 番組は、漫才師のオールスターが一堂に集う”日本で一番豪華な漫才の祭典”。 収録後、たけしは「毎回、芸人の腕が上がっている。板(舞台)で何回もやっている人たちのネタはおもしろいね。今回は面白いのが先行してあっという間だった。あれだけのメンバーだとたまに飽きるときもあるけど、そういうことがなかった。みんな、すごいな」と絶賛する。

 そして、各芸人たちに「飛び抜けるのがいないかなって思う。(野球選手でいうと)昔の王さん、長嶋さん、金田さんのような。技術はもうみんなすごいんだけど、スーパースターが出てこないかなって」と期待を寄せた。

 マスター(名手)と呼ばれる出場者は以下のとおり(五十音順)。

 ウーマンラッシュアワー、海原やすよともこ、おぎやはぎ、キャイ~ン、銀シャリ、サンドウィッチマン、タカアンドトシ、チュートリアル、テンダラー(初出場)、トレンディエンジェル、ナイツ、中川家、NON STYLE、博多華丸・大吉、爆笑問題、ハマカーン、パンクブーブー、矢野・兵動、笑い飯ほか。

 さらに「M-1グランプリ2017」チャンピオンのとろサーモンも緊急参戦。若手勝ち抜き枠の3組も放送中に発表され出場。MCはナインティナインが担当する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ