離婚調停中の松居一代、「私の戦いは続きます」と長期化示唆

 泥沼離婚騒動の渦中にある女優、松居一代(60)と俳優、船越英一郎(57)の第2回離婚調停が13日、東京家庭裁判所で開かれた。前回に続き、電車を乗り継いで家裁へ訪れた松居は上半身とバッグを赤で統一した“戦闘服”姿で出席。約1時間半の調停を終えて家裁から出てくると「私の戦いは続きます」と長期化を示唆。具体的な内容については語らなかったが、裁判に発展する可能性を問われると「行く気満々です」と語気を強めた。

 また、船越側が財産分与を求めていないと報じられていることには「それが本当だと思っているの?」と笑い、金銭面での話し合いが行われていることをにおわせた。

 調停が始まった午前10時に更新したブログで、今年を赤い漢字1字で「戦」と表現した松居は、「その1文字に尽きるでしょ。昨年は『泣』だったので、来年は『笑』にしたい」と“終戦”を希望。船越への思いを問われると「見るのも聞くのもイヤ。大嫌い」と斬り、「越」の文字が入ったサンケイスポーツ記者の名刺を受け取るや「『越』がついているのね、私の嫌いな」と表情を曇らせた。

 船越の所属事務所から名誉毀損で提訴されてい松居は調停後、弁護士事務所へ。「次の戦いの準備をします」とほほえみ、打ち合わせに向かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ