泥沼騒動5カ月半…船越英一郎、離婚調停成立 松居一代が譲歩で決着

 泥沼離婚騒動を繰り広げていた俳優、船越英一郎(57)とタレント、松居一代(60)の離婚が成立したことが14日、分かった。同日に船越の所属事務所が文書で発表。「最高裁まで争う」と宣言していた松居が急転直下、譲歩した形だ。この日、双方ともコメントを出さなかったが、15日に松居が会見し、約5カ月半の“闘争”に終止符を打った胸中を激白する。

 動画サイト「YouTube」で松居が船越を責め立てるなど、おしどり夫婦が繰り広げた離婚騒動が一気に決着した。

 この日、船越の所属事務所、ホリプロは、前日13日に東京家裁で行われた第2回離婚調停で「離婚が成立した」と文書で発表。2001年から16年半連れ添った夫婦関係に終止符が打たれた。

 慰謝料や財産分与はなく、船越が建築費の一部を負担して建てた東京・世田谷区の自宅一軒家について「金額はお知らせできないものの、相当な財産評価を前提に、松居さんが船越の持ち分を買い取ることになりました」としている。

 船越、松居ともに13日の調停に双方の弁護士と出席したが、互いに時間をずらし、顔を合わせなかったようだ。船越は現在、購入した別宅マンションに11年から1人で居住しており、今年6月下旬に離婚調停を申し立て、騒動が始まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ