広瀬すずに「改名騒動」浮上 ささやかれるスポンサーへの“忖度”

 若手人気女優の広瀬すず(19)に謎の改名騒動が浮上しているという。といっても、自身が主演を務めるドラマでのこと。ただ、そこには、ある“忖度”がささやかれているのだ。

 来年1月スタートの日本テレビ系「anone」は、広瀬演じる19歳の少女、辻沢ハリカの成長を描く。両親と隔絶して今はネットカフェに住むハリカが、1人の老齢の女と出会い、ある事件をキッカケに“真実の人間愛”を見つけていくストーリー。劇中で披露する広瀬のベリーショートも話題を集めている。

 同局の番組スタッフはこう語る。

 「主演は今乗りに乗っている広瀬さん、制作も『Mother』や『Woman』を手掛けた演出の水田伸生さんと脚本の坂元裕二さんのコンビですし、局内の期待はかなり大きい。ウチはここ数年、好調な視聴率を維持していますが、(今年の)10月期のドラマが軒並み伸び悩んだこともあり、ドラマ班も巻き返しに力が入っています」

 今年上半期の「タレントCM起用社数ランキング」で1位に輝いた広瀬にとっても、約3年ぶりのドラマ主演、しかも10代最後の主演作だけに力が入っているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ