中村仁美アナ、フリーで再出発 初仕事は元日特番「爆笑ヒットパレード」

 お笑いコンビ、さまぁ~ずの大竹一樹(50)の妻で7月にフジテレビを退社した中村仁美アナウンサー(38)がフリーに転身し、来年元日放送の同局系「第51回爆笑ヒットパレード2018」(前7・0)で復帰することが23日、分かった。

 サザンオールスターズの桑田佳祐(61)や歌手で俳優、福山雅治(48)、元日本テレビアナの馬場典子(43)ら多彩なジャンルのタレントを擁する大手芸能事務所、アミューズに元日付で所属。同社に知り合いのスタッフがいた縁で決まった。

 フリー転身後初仕事は、古巣の名物番組内で復活する「爆笑レッドカーペット」のコーナー。放送開始の2007年から司会進行を務めていたバラエティーで、MCの今田耕司(51)、高橋克実(56)と4年ぶりに再集結する。

 大竹との間に長男(5)、次男(2)をもうけた中村は「母になりあの頃と環境もガラッと変わりましたが、お二人とあの胸躍る空間にもう一度立てることが心から楽しみ」と番組が待ちきれない様子。「これから始まる新しい環境にワクワクと不安の入り交じる思いでしたが、芸人さんたちの繰り出す“満点大笑い”とともに不安も一緒に笑い飛ばせるよう、初仕事に臨みたいと思います」と意気込んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ