松本人志、娘の前で「チキンライス」初めて歌う「どう感じたのかな。。。」

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(54)が24日、自身のツイッターを更新。自身が作詞を担当し、槇原敬之が作曲、松本の相方の浜田雅功が歌った2004年発売のクリスマスソング「チキンライス」を、娘の前で初めて歌ったことを明かした。

 松本は、クリスマスイブに「初めて娘の前でチキンライスを歌いました」とつづった。同曲は、松本が貧しい家庭で育った少年時代のエピソードを元にしたもの。その曲に「彼女はどう感じたのかな。。。」と、娘がどんな感想を持ったのか気にしている様子。「なにやら嫁が泣いてた」と、妻が涙したという一コマも。そして「少し酔ってます。メリークリスマスです」と結んだ。

 このツイートには25日午後1時半現在で20万件を超える「いいね」が、リツイートは3万件超と反響をみせている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ