【新春TV】北大路欣也 新春ドラマ特別企画「三匹のおっさんスペシャル」2日放送 少年時代の自分を投影「こんなおっさんいたな、と」 

 剣道の達人であるゲームセンターの嘱託社員、清田清一(キヨ)を演じる北大路にとっては自身の少年時代を投影する特別な作品だ。「こんなおっさんいたな、あの世界に行けばいいんだなと。演技をつくっていく必要はなくて、自分が体験したことを表に出していけばいいのかな、と。だからいまはね、キヨがぼくか、ぼくがキヨかよく分からない」

 とはいえ、還暦を過ぎ、子供や孫が社会で活躍し頼もしく感じる一方で、寂しさも噛(か)みしめるおっさんたち…。劇中には、そんな哀愁を漂わせる場面も。

 一方で見どころの一つが、3人が悪者を成敗するアクションシーン。北大路は時代劇仕込みの殺陣を生かして、華麗なチャンバラを披露する。「そこでは、一瞬少年時代に戻りますね。年を忘れて『えいやあ』と。時代劇のチャンバラとはまた違うんですが、子供の頃を思い出してやっています」

 新年の門出を飾る仕事に意気込みもひとしおだ。「僕らの仕事は台本があって、スタッフがいて、そして、見てくださるお客さんがいて初めて成立する。そんな気持ちを画面で表現できればうれしい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ