“ラスト紅白”安室に古市「見たかったのはこれじゃない」 SNSユーザーも賛同!?

 4日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、社会学者の古市憲寿(32)が昨年大みそかの「NHK紅白歌合戦」での安室奈美恵(40)のパフォーマンスについて言及。その内容にSNSユーザーが反応している。

 この日の番組は安室ラスト紅白の舞台裏について取り上げ、生放送中の光景を関係者のコメントとして「ひとつしかないモニターをそこにいるスタッフ、歌手全員で食い入るように見ていました」などと紹介した。

 司会の小倉智昭(70)も「白い衣装の安室さんはきれいでしたよね」としみじみ。安室が歌う紅白のVTRを見ながら出演者がそれぞれの思いを述べていると、古市が「本当に正直なこと言っていいですか…」とトークに参戦、これに梅津弥英子アナ(39)が「ちょっと待って!」とストップをかける展開となった。

 しかし古市はお構いなしにしゃべり出し、「安室さんはすごいすてきだったんだけど、見たかったのは正直これじゃないなぁって思っちゃって」とバッサリ。さらに「沖縄からの中継だったとか、昔の曲も歌ってくれたりとか、もうちょっとなんかね。こっちが期待しすぎてたんですけど」などと付け加え、注目された安室のステージに異を唱えた。

 この発言についてSNSユーザーもそれぞれの思いをコメント。「一曲だけでなく、昔の曲も少しずつでいいから聴かせて欲しかったぁ」「珍しく賛同者多数w」「昔の歌とダンスを見たかったんだよね(^^) わかる!わたしもこれじゃないと哀しくなって」などと古市に賛同する声が挙がる一方、「私が見たかったのはあの紅白の安室さんでした。素敵でした」などのツイートも見受けられた。(zakzak編集部)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ