山崎夕貴アナ、小室引退会見に「ワンナイトラブの方が」

 フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)が21日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。不倫疑惑のケジメとして引退を決断した音楽プロデューサー、小室哲哉(59)の会見に「すごく思い詰められている」と印象を語った。

 18日発売の「週刊文春」で看護師との不倫疑惑を報じられた小室は19日、東京都内で会見し、音楽活動の引退を電撃発表。妻で歌手、KEIKO(45)やファンらに騒動を謝罪し、涙ながらに「僕なりの騒動のケジメとして引退を決意しました」と宣言。小室は「往診時に雑談するうちに精神的な支えとなった」と明かすも、「普通の男性としての能力がなくて、男女の関係はない」と言い切った。

 山崎アナは、小室の会見について「小室さんがすごく思い詰められてて、すごく小室さんも辛いだろうなって思って。でも一方で、KEIKOさんも小室さんを精神的な支えとしてたかもしれないので、もしKEIKOさんが今回の事態をちょっとでも理解できたとしたら、それはすごく辛くてかわいそうで。両者辛いっていうのが、ちょっと聞いてるこちらも辛い」と口にした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ