フジテレビ社長「このような結果になり残念」登坂淳一アナ起用取りやめ

 週刊文春のセクハラ報道に絡み、新しい報道番組のメインキャスターに登坂淳一アナウンサー(46)を起用するのを取りやめたことについて、フジテレビの宮内正喜社長は26日の定例会見で「(新しいニュース番組の)看板になっていただけると起用を決めたが、本人から辞退したいと申し出があった。このような結果になったことを残念に思っている」と述べた。

 後任については「急遽(きゅうきょ)、現場で検討していると聞いている。4月改編の目玉であり、慎重に検討してほしい」と語った。

 フジテレビでは平成28年、ショーン・マクアードル川上氏が学歴詐称でニュース番組「ユアタイム~あなたの時間~」を降板したこともあり、岸本一朗専務は「2年前の教訓を生かし切れなかったことについて、おわびするしかない。情報収集が不十分だったかどうかについても、どこが足りなかったか再調査したい」と強調した。

 登坂アナは今月11日付でNHKを退職し、フジテレビで4月2日からスタートする夕方の報道番組(月曜から金曜午後4時50分~7時)のメインキャスターに就任予定だったが、週刊文春(2月1日号)が、登坂アナがNHK札幌放送局勤務時の平成23年6月、道内の飲食店で20代の女性契約キャスターにセクハラ行為を働いたと報じた。

 登坂アナはNHK時代、穏やかな語り口などから「麿(まろ)」の愛称で親しまれた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ