登坂淳一アナ、セクハラ疑惑報道を受け新番組出演辞退!フジ側も謝罪

 元NHKのフリーアナウンサー、登坂淳一(46)が25日発売の「週刊文春」に過去のセクハラ疑惑を報じられたことを受け、メインキャスターに就任予定だったフジテレビ系新報道番組(4月2日スタート、月~金曜後4・50)の出演を辞退したことが26日、発表された。後任は未定。登坂は所属事務所のホリプロを通じ、「大事な新番組を傷つけることは本意ではない」とコメントした。

 フジが総力をあげる新報道番組の顔が、スタートを前にして去った。

 ロマンスグレーの髪形と上品な語り口で「麿(まろ)」と呼ばれる登坂は11日にNHKを退局し、フリーに転身。4月から地上波やBSなどの報道番組を「プライムニュース」のブランドに統一するフジが、その看板となる地上波の夕方帯番組のメインキャスターに登坂を起用することが16日に発表されたばかりだ。登坂にとってフリー転身後初仕事だったが、鳴り物入りでの就任発表からわずか10日で幻になった。

 発端は、25日発売の「週刊文春」で報じられた過去のセクハラ疑惑。同誌は、登坂がNHK札幌放送局に勤務していた2011年、飲食店で20代の契約キャスターの体を触り、キスを迫るなどの行為をしたと報じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ