海老原優香アナ、フジ系「チャギントン」6代目ナビゲーターに

 フジテレビの海老原優香アナウンサー(23)が同局系「GO!GO!チャギントン」(日曜前6・15)の6代目ナビゲーターに就任することが28日、分かった。

 さまざまな列車の日常を描いた英国発の人気CGアニメで、同局地上波では2010年にスタート。ナビゲーターは初代の加藤綾子(現フリー、32)、2代目の生田竜聖(29)らが務め、同局新人アナの登竜門的番組だ。5代目の鈴木唯(24)からバトンを引き継ぐ海老原アナは、昨年4月に入社。「とくダネ!」(月~金曜前8・0)でMCアシスタントを務める期待の星で、地上波の初回から出演するタレント、つるの剛士(42)とタッグを組む。

 歴代女性アナは身長1メートル66の加藤に始まり、1メートル60の宮澤智(27)、1メートル58の宮司愛海(26)、1メートル59の鈴木が同じ衣装を着用してきたが、1メートル69の海老原アナに合わせて今回、初めて新調。子供番組のお姉さん的な衣装に「普段なかなか着る機会のないコスプレができてうれしい」と大喜びした。

 また、ダンスも披露することになり、「社内のエレベーターで一人のときに練習していたら、西山喜久恵アナが乗ってきて、笑われました」と赤面。「皆さんに愛される“優香お姉さん”を目指して、笑顔で頑張ります!」と意気込んだ。2月4日から登場する。

■海老原 優香(えびはら・ゆか)

 1994(平成6)年4月3日生まれ、23歳。東京都出身。学習院大3年時の2015年にミス学習院コンテストでグランプリ、16年の「ミスオブミスキャンパスクイーンコンテスト」で準グランプリを獲得。17年4月、フジテレビに入社。同年10月から「とくダネ!」に出演している。趣味は旅行、スノーボード。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ