タッキー、結婚願望も「上が詰まっている」 フジ系連ドラで弁護士役初挑戦

 活動休止中のデュオ、タッキー&翼の滝沢秀明(35)が30日、東京都内で行われたフジテレビ系主演連続ドラマ「家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~」(2月3日スタート、土曜後11・40)の制作発表に出席した。初の弁護士役に「大人になった」と実感も、専門用語が多いセリフに四苦八苦。結婚願望も語ったが「上が詰まっている」と独身の多いジャニーズの先輩を引き合いに笑わせた。

 ビシッとスーツで決めた大人のタッキーが、さっそうと現れた。

 会見場に共演の遠藤憲一(56)、片岡鶴太郎(63)、谷村美月(27)、横山めぐみ(48)と登場。弁護士役に初挑戦し、主題歌もソロで担当する渾身作に、「気合はいつも以上にある。成長した姿を見せたい」と力強く宣言した。

 ドラマは、自身の家族を殺した死刑囚を弁護する主人公の苦悩と成長を描くサスペンス。滝沢はジャニーズ入りから20年以上経って挑む弁護士役に「大人になった」と成長を実感。ただ、専門用語のオンパレードには「頭の中はぐちゃぐちゃ。24時間フルでドラマのことしか考えていない。5分でも時間があったら台本を読んでいる。(セリフの)文字が夢にも出てくる」と苦笑した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ