フジ梅津アナ、有賀さん死去に「有賀さんは大輪の花」

 元フジテレビのアナウンサー、有賀さつきさんが死去したことが5日、分かった。52歳だった。同日、同局朝の情報番組「とくダネ!」(月~金曜前8・0)で報じた。同局の梅津弥英子アナウンサー(40)は訃報に「有賀さんって大輪の花」と憧れの先輩アナに敬意を評した。

 梅津アナは「アナウンス室でご一緒する機会は残念ながらなかったのですが、有賀さんの存在に憧れてアナウンサーになりたいと思った世代です」と前置きすると、「同じフジテレビに籍を置く私が言うのもおかしなことかもしれませんが、本当にアナウンサーの先輩方って華やかなんです」と説明した。

 続けて「阿部知代さんに会って話してたんですが、そんな本当に華やかな世代の先輩方の中にあって、有賀さんは大輪の花。要するに、大きく開く花のような人だったって阿部さんは言っていた。まさにそういう存在の方だったなって感じています」と故人を偲んだ。

 有賀さんは、フェリス女学院大を卒業後に昭和63年フジテレビに入局。同期で現在は貴乃花親方夫人の河野景子さん(53)、フリーアナの八木亜希子(52)とともに「フジの3人娘」として知られ、「天然」キャラで親しまれた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ