フジの先輩後輩アナ絶句…軽部アナ、“花の三人娘”で「一番華やか」

 元フジテレビアナウンサーでタレントの有賀さつきさんが先月30日、病気のため東京・港区の山王病院で急死したことが5日、分かった。有賀さんの訃報にフジテレビの先輩、後輩アナも絶句した。

 この日放送の同局系「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)で、軽部真一アナ(55)は「(花の三人娘の中で)一番華やかな存在だった」と追悼。新人研修で故人の指導を受けたという永島優美アナ(26)は「明るくパワフルに授業をしていただいた」と思い出を語った。

 また、有賀さんのフジ時代の先輩アナで現フリーの松田朋恵(54)はブログで昨年10月に連絡を取り合ったと告白。その際、有賀さんから同年いっぱいで活動休止する意向を伝えられたといい「理由は親の世話をするため、とのことでしたが、それは表向きの優しい嘘でした」とポツリ。さらに「ここ1~2年はかなり痩せていて、『ダイエットに成功したんです!』と。これも優しい嘘だったのかも」と推測し、「本当に強かった、さつきちゃん」と、故人をしのんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ