フジ西山アナ、有賀さんの闘病生活は「一人じゃ抱えきれない大変さだったと思う」

 フジテレビの西山喜久恵アナウンサー(48)が6日、同局系「みんなのニュース」(月~金曜後4・50)に生出演。先月30日に病気のため東京都内の病院で急死した元フジテレビアナウンサーでタレントの有賀さつきさん(享年52)を悼んだ。

 病名は有賀さんの強い希望で家族にも伏せ、非公表だったことに、西山アナは「仕事もこなしてそこに闘病生活が入って、とても一人じゃ抱えきれない大変さだったと思う」と気遣った。有賀さんのことをよく知るスタッフと「一声掛けてくれたら、手伝いにいくよ、助けるよという人がたくさんいたよね」と話し合っていたといい、その人柄を振り返った。

 有賀さんは1988年にフジ入社。同期アナの八木亜希子(現フリー、52)、大相撲・貴乃花親方(45)の夫人となった花田(旧姓・河野)景子さん(53)とともに「花の三人娘」と言われ、主にバラエティーで活躍。入社5年目に退社してフリーとなった。

 その後、2002年に元上司だったフジテレビ解説委員、和田圭氏(65)と結婚したが、06年に離婚した。4日未明には、日本テレビ系通販番組「日テレポシュレ」で、昨年7月収録の映像が流れたばかりだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ