岩下尚史氏、「あさイチ」井ノ原・有働アナ降板報道に「あと3年前に辞めてくれてりゃあ…」

 作家、岩下尚史氏(ひさふみ、56)が6日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)に出演。NHK総合テレビの人気情報番組「あさイチ」からメインキャスターのV6、井ノ原快彦(41)と、NHKの有働由美子アナウンサー(48)が3月末で降板することについて「後(の担当者は)難しいですよ」と語った。

 岩下氏は井ノ原と有働アナの降板について「あと3年前に辞めてくれてりゃあなあ本当に。私らの番組打ち切りにならなかったんだよ」と、自身がレギュラーコメンテーターを務めた朝の情報番組「いっぷく!」(TBS系、2014年3月)が1年で打ち切りになったことをぼやいた。それだけ「あさイチ」の視聴率が非常に高かったことを紹介し「朝の連続ドラマの数字が良くなったころだったんですよ。そこから引き続いてこの2人がね、ドラマの後泣いたり笑ったりするからヒューンと(視聴率が上がった)」と振り返った。MCを務めるタレント、ふかわりょう(43)が、井ノ原&有働アナのコンビが朝ドラの数字を引き上げたという説もあると補足すると、岩下は「どっちもでしょうね」と朝ドラとあさイチの相乗効果があったと指摘。「井ノ原さんが上手だもん。かばってますよ、有働さんをね」と人気の理由を考察し「後(の担当者は)難しいですよ。これはもうあんたと私がやるしかないですよ」とふかわに呼びかけた。ふかわは「天文学的数値のクレームが来るでしょうね。海外からも(クレームが)来ると思いますけど」と及び腰だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ