フジ倉田アナ「まさか自分が」 登坂アナ辞退の新報道番組メインキャスター就任

 フジテレビは8日、新報道番組「プライムニュース イブニング」(月~金曜後4・50)を4月2日からスタートすると発表した。メインキャスターは同局の倉田大誠アナウンサー(35)と島田彩夏アナ(43)が務める。

 先月16日に元NHKのフリーアナウンサー、登坂淳一(46)が同番組のメインキャスターに就任することが発表されたが、同26日に辞退を表明。“新たな顔”に注目が集まっていた。

 倉田アナは、今回の起用に「まさか自分が報道キャスターという大役に抜てきされるとは信じられない気持ちです」と驚きつつも、「これまで情報番組やスポーツ実況を担当してきましたが、競馬で言うなら“勝負の第4コーナー”に脚を踏み入れた感覚。反町さん、島田先輩、そしてスタッフの皆さんのムチを受けながら精一杯ゴールまで走り切ろうと思います。視聴者の皆様の目線に立った番組をお届けできるよう尽力致します」とコメント。

 島田アナは「このたび、新たにスタートする夕方のニュースを担当することになりました。2009年から5年間、『BSフジLIVEプライムニュース』でご一緒した反町さん。まさか再び隣に座ることになるとは! かなり強烈な運命を感じます。日々さまざまなニュースが流れ、報道のあり方も厳しく問われるこの時代に、アナウンサーとして、ひとりの生活者として、また母として、お伝えする物事に真摯に向き合っていきたいと思っています。夕方の時間帯、引き続きよろしくお願い致します」と決意を語っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ