NHK林田アナ、タモリから珍アドバイス「仕事をするな」

 4月からのNHK番組新キャスターの会見が21日、東京都内で行われ、人気番組「ブラタモリ」(土曜後7・30)の新アシスタントを務める林田理沙アナ(28)ら12人が登壇した。

 近江友里恵アナ(29)からバトンを受ける林田アナ。「タモリさんの豊富な知識と私の好奇心のハーモニーで楽しんでいただける番組にしたい」とキッパリ。左ほほのえくぼがトレードマークで、名字の音読みから「りんだちゃん」の愛称で局内外から親しまれる。

 「タモリさんにも会いました。タモリさんからは『仕事をする(と意気込む)な。肩の力を抜けばいい』、近江さんからは『楽しみつつ、分からないことはタモリさんに聞いて』とアドバイスされました」と笑顔で打ち明けた。

 東京芸大音楽学部と大学院音楽研究科で主に、ポーランドの作曲家ショパンや音楽の歴史を研究。絶対音感を持つことでも知られるが、「お寺の鐘の音とかの分析で、これは何のシャープとか指摘するのに生かせたら…。番組の中で絶対音感の生かし方を見つけていきたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ