大竹まこと、大杉漣さんをしのぶ「俺たちもアングラだったけど…」

 タレント、大竹まこと(68)が22日、パーソナリティーを務める文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」(月~金曜後1・0)に生出演。21日に66歳で急逝した俳優、大杉漣さんをしのんだ。

 大竹は「昨日、タックル(「ビートたけしのTVタックル」の収録を)やってた合間だったかね。大杉漣さんがお亡くなりになったっていう話が入ってきて」と切り出し、大杉さんが劇団「転形劇場」で活動していたころから観客として知っていたことを明かした。「言ってみれば、メジャーな街道があるとすれば、アンダーグラウンドの演劇は裏街道なんだけどね、そういうところからいらっしゃって。私よりちょっと年下で、2歳も下でお亡くなりになったって…」と突然の死を悲しんだ。

 番組では、昨年3月に大杉さんがゲスト出演した際に、劇団「転形劇場」で演じていた“沈黙劇”について語った録音を放送。大竹はその転形劇場の「水の駅」という芝居を見に行って衝撃を受けたと語り、「1時間半くらいで、その人は上手から下手に移動するだけなんだよ。動いているか動いていないかわからない」と芝居の内容を説明。「俺たちもアングラだったけど、こんな風に突き詰めてやってらっしゃる方がいるんだ」と感じたことを明かした。当時は転形劇場のほかにも早稲田小劇場などの実験的なことを行う劇団が多くあったことを紹介しつつ「そんななかから、アングラで出てきて、近頃はバラエティもたくさんこなしていらして、良い感じだなと思っていたんだけども、とても残念です」と惜しんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ