桑子真帆アナは凡ミス、石井大裕アナは炎上…問われるアナウンサー力

 【芸能ニュース裏舞台】

 平昌オリンピックの放送をめぐっては、NHKの桑子真帆アナ(30)が開会式を閉会式と言い間違えたり、TBSの石井大裕アナ(32)がスピードスケート女子500メートル金メダリスト、小平奈緒(31)のインタビューで「まさに獣のような滑り」と表現し「女性に対して失礼」などの異論が噴出したりした。

 「首をひねったのは、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんの見識。ブログで『明らかに不適切な表現』とし、このシーンを使わないように注文を付けました。言葉のプロですから、不適切と決めつけないでもよかったのでは」とウェブサイト記者はやんわりと皮肉る。

 TBSアナの発言が炎上するのは無理もないが、「鳥越さんのお蔵入りを求める発言で、今後、放送で使いにくくなるのは確かでしょうね」(前出・ウェブサイト記者)

 今月19日、時事通信が死亡記事の誤報という大失態を犯した。誤報されたのは、俳人で文化功労者の金子兜太さん(20日死去、享年98)。氏の作品にこんな名句がある。【野獣の声の少女らたちまち春の海へ】

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ