カンテレ・竹上アナ、人生初の10キロ完走「競馬の天皇賞3周走った(笑)」

 フジパンPresents 淀川 寛平マラソン2018(4日、大阪・淀川河川公園)カンテレの竹上萌奈アナウンサー(25)が人生初の10キロ走に挑戦し、2177人中1754位の1時間36分28秒で完走。初体験の激走を振り返った。

 思った以上にタイムがかかってしまって。スタート地点で人数の多さにパワーを感じたのと、気温の高さにやられてしまいました。

 運動経験がなく、マラソンは一番苦手です。昨年12月にこの話をいただき、自主的に参加することが自分の中で大きく、直後の1カ月は練習が楽しくなってきたのですが、左足親指の爪を負傷してしまいました。この1カ月は練習できず、ぶっつけ本番でした。

 けさは気合が入りすぎて鼻血が出てしまい、走れるかどうか心配でした。アナウンス部の先輩たちから、励ましのLINEをいっぱいもらいました。

 必死すぎて、沿道からの応援は聞こえませんでした。5キロの折り返し地点がきつく、砂ぼこりもつらかったのですが、楽しく走ることができました。

 10キロということは、競馬の天皇賞(春、3200メートル)を3周走ってしまいましたね(笑)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ