大麻の売人役演じた井浦新がロマンチストな監督の内面を暴露!?

 俳優・井浦新(43)と成田凌(24)が12日、東京都内で行われた映画「ニワトリ★スター」(かなた狼監督、17日公開)の公開直前・対談イベントに出席した。同作は、共同生活を送る男ふたりの友情と夢と愛を描いたバイオレンス・ラブ・ファンタジー。井浦は大麻の売人・草太役で、気楽な若者・楽人役は全身タトゥーで赤モヒカンと強烈なビジュアルの成田が演じる。

 井浦は、「楽人は無鉄砲で怖いもの知らずでなんか危うさがある。その危うさをちゃんと表せていた。ニワトリ★スターこそ楽人なので」と成田についてコメント。

 本作について、まだ客観的に見れていないという成田は「初日を終えたら新さんと2人で観に行きたい」と笑顔で語った。

 同席した、かなた狼監督(46)がロマンチストで子供の心を持っているという話題に、「暑苦しいし、こわもてだけどすぐ泣くんですよ」と井浦が暴露すると、「だからクランクアップの時は、そうなる前にさっと帰ろうと」と成田がすぐに反応。招待された限定30人のファンを笑わせた。

 イベントの模様はLINE LIVEで生配信された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ